米・ニューヨーク、2016年の訪問者数が過去最高の6000万人超に、7年連続で増加

米国・ニューヨーク市とニューヨーク市観光局によると、2016年にアメリカ内外から同市への訪問者数が6030万となり、初めて6000万人を超える過去最高を記録した。これは2015年の実績より180万人、当初予測の5970万人を60万人上回る結果で、7年連続でのプラス推移だった。

内訳は、国内からの訪問者が4760万人、海外からの観光客が1265万人。旅行形態別では国際会議やミーティングなどビジネス目的の訪問者数が615万人で、過去最高となった。2017年は全体で6180万人とさらに増加を見込む。このうち、国内からが4870万人、海外からが1310万人の予想だ。

市内5つの行政区を対象にした客室数は、2016年に120万室が追加され、合計349万室に拡大。収益は、大型の経済投資やホテル&セールス税の導入で、10億ドルを計上した。さらに2019年までに2万4000室の増加が予定されているという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。