航空会社の安全度ランキング2017、1位は3年連続でキャセイ航空、JALはトップ10入り

世界の航空各社の安全データを集計・調査しているドイツのJACDEC(Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre=ジェット機事故データ評価センター)が、「エアライン安全度ランキング2017」の速報値を発表した。2016年の事故データなどをもとに独自の安全指標を算出、集計したもの。これによると、1位は3年連続でキャセイ・パシフィック航空(CX)に。2位はニュージーランド航空(NZ)、3位は海南航空(HU)だった。

発表された安全度ランキングは以下の通り。

  • 1位:キャセイ・パシフィック航空(CX)
  • 2位:ニュージーランド航空(NZ)
  • 3位:海南航空(HU)
  • 4位:カタール航空(QR)
  • 5位:KLMオランダ航空(KL)
  • 6位:エバー航空(BR)
  • 7位:エミレーツ航空(EK)
  • 8位:エティハド航空(EY)
  • 9位:カンタス航空(QF)
  • 10位:日本航空(JL)
  • 11位:全日空(NH)
  • 12位:ルフトハンザ航空(LH)

なお、JACDECによると、航空会社の安全ランキングに使用している指標は、主に以下の8項目をもとに算出している。

  1. 年間の旅客キロ(RPK)
  2. 死亡者数
  3. 全損になった機材数
  4. 重大事故の発生件数
  5. 機材全損事故が起きていない年数
  6. IOSA(IATA安全運航監査)登録の有無
  7. EMA(指標移動平均=事故発生からの年数が多いほど、安全指数への影響が小さくなる)
  8. 事故調査当局の透明性

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…