LCC春秋航空日本、成田/天津、ハルビン線を運航へ、国際線4路線に拡大

LCCのスプリングジャパン(春秋航空日本)は、成田/天津線とハルビン線を開設する計画だ。2017年1月12日に国土交通省に申請した。

成田/天津線は月、水、土曜日運航の週3便で、1月28日の就航を予定。成田/ハルビン線は火、木、金、日の週4便で、1月29日に就航の予定だ。機材は両路線とも、計189席のボーイングB737-800型機を使用。ハルビン線は、本邦航空会社の成田発着便として初めての路線となる。今回の新規就航で、スプリングジャパンの国際線は武漢線、重慶線とあわせ計4路線に拡大する。

スプリングジャパンでは新規就航にあわせ、記念キャンペーンも実施。1月13日から新規2路線について、5000円~の特別運賃を席数限定で販売する。運航スケジュールは以下の通り。

【スプリングジャパン 新規2路線運航スケジュール】

  • 成田/天津線
    IJ1031 成田 12:20発/天津 15:25着(月、水、土)
    IJ1032 天津 16:35発/成田 20:50着(月、水、土)
  • 成田/ハルビン線
    IJ1051 成田 10:40発/ハルビン 12:50着(火、木、日、金)
    IJ1052 ハルビン 13:50発/成田 17:55着(火、木、日、金)

※成田/ハルビン線のハルビン発は金曜日のみ、出発/到着時間がそれぞれ5分遅くなる。

※成田/ハルビン線の2月3日運航便は成田/ハルビン発着ともに30分早くなる。
※関係当局の許可が前提
※2月13日~2月17日と3月6日~3月10日は運休

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。