オーストラリアへの日本人旅行者の増加続く、2016年は2割増で40万人超、航空座席の増加で

オーストラリア政府観光局によると、2016年の日本人訪問者数が前年比22.7%増の41万3800人となった。年間の日本人訪問者数が40万人を超えたのは、2008年以来8年ぶり。前年比の伸長率が20%を上回ったのは、1990年以来のことだという。

2015年8月以降、日本/オーストラリア間の直行便就航が増加。さらに2016年9月に開始したオーストラリア政府観光局による「絶景大陸オーストラリア」キャンペーンも奏功し、日本人訪問者数は2015年9月から16か月連続でプラス推移だという。

オーストラリア政府観光局では、2017年も堅調な推移を予想。航空会社による新規就航と増便をカギと見ており、日本旅行業協会(JATA)と調印したプロジェクトにも掲げた中期的目標・2020年70万人に向け、様々な施策に取り組んでいくとしている。

オーストラリア政府観光局:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。