熊本地震からもうすぐ1年、九州7県が「ありがとうキャンペーン」、昨年の「ふっこう割」利用は270万人泊に

九州観光推進機構は2017年4月1日より、「九州からありがとうキャンペーン」を実施する。熊本地震発生から1年を迎え、「九州ふっこう割」で九州を元気づけてくれた感謝を九州が一体となって全国に向けて展開するもの。

3月2日には特設サイトが公開され、キャンペーンに参加する九州7県の観光事業者や自治体、団体が提供する特典を紹介開始。4月からは統一ロゴやキャッチコピーを使用していく計画だ。2月末時点のキャンペーン参加企業/団体は83件。引き続き参加申し込みも受け付ける。

なお、九州観光推進機構によると2016年7月から12月に実施された「九州ふっこう割」を利用したのべ宿泊数(人泊数)が約271万9000人泊。これは、同事業の当初目的だった150万人泊に対して8割増となる数字という。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。