日本人の国内旅行消費で宿泊が微減、単価は日帰り旅行が増加傾向に ―観光庁2017年1~3月(速報)

観光庁の旅行・観光消費動向調査によると、2017年第1四半期(1月~3月)の日本人国内旅行消費額(速報)は、前年比0.1%増の4兆4154億円となり、ほぼ前年並みだった。そのうち宿泊旅行は1.6%減の3兆3396億円、日帰り旅行は5.7%増の1兆758億円。

また、日本人国内のべ旅行者数は前年比3.2%減の1億3866万人。そのうち宿泊旅行は4.0%減の7069万人、日帰り旅行は2.4%減の6797万人だった。その理由について観光庁では、昨年がうるう年で今年よりも1日多かったほか、昨年と比較して1月、2月の休日日数が1日ずつ少ないことなどが減少要因として考えられると分析している。

日本人国内旅行消費額の推移は以下のとおり。

観光庁:報道資料より

一方、日本人国内旅行の1人一回あたりの旅行単価は、国内旅行全体では3.4%増の3万1844円。そのうち宿泊旅行では2.5%増の4万7245円、日帰り旅行は8.3%増の1万5828円。特に日帰り旅行で単価の上昇傾向がみられる。

日本人国内旅行1人一回当たりの単価の推移は以下のとおり。

観光庁:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。