トラベルポート、旅行会社向けモバイルアプリ事業を拡大、スマホ予約が拡大するアジア太平洋地域で

GDS事業のトラベルポートはこのほど、モバイル関連製品「トラベルポート トリップアシスト」をアジア太平洋地域の旅行会社向けに提供する。

トリップアシストは、柔軟な旅程管理やパーソナルな旅行コンシェルジュサービス機能のほか、旅行当日のサポートやプッシュ通知型のリマインダー、リアルタイムのアラート、アプリから旅行会社への連絡機能などを提供するもの。

アジア太平洋地域では、モバイルを通じた予約率が他の地域よりも急速に成長している。同社の数値によると、たとえば過去5年間では、韓国が58.7%、オーストラリアで52.5%、中国が49.9%などと2ケタ成長を記録。2020年までにはオンライン予約の76%がモバイル予約になるとの予測を示している。

こういった背景のなか、同社ではトリップアシストをアジア太平洋地域でも提供開始。スマートフォンを通じた正しい情報提供やトラブルのない旅行、顧客と旅行者のコミュニケーションを適切にサポートしていきたいとしている。

トリップアシストの画面イメージは以下のとおり。

トラベルポート:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。