「じゃらん」の出張ホテル予約と経費管理「コンカー」が連携、出張申請から経費精算まで一元管理が可能に

リクルートライフスタイルの法人向け宿泊予約「じゃらんコーポレートサービス」がこのほど、出張経費管理システムを手掛けるコンカーとのサービス連携を発表した。対象は、コンカーが提供する出張申請クラウド「Concur Request」、経費精算クラウド「Concur Expense」。

これにより、企業側は、じゃらんコーポレートサービス経由で手配した国内出張の申請から経費精算までの一元管理が可能に。経費規定に即した宿泊プランを割安料金で手配できるほか、宿泊実績データやコンサルティングサービスの活用などを通じ、コスト削減や出張管理業務の自動化・省力化、ガバナンス強化を実現できる。

コンカーが提供する「Concur Travel & Expense」は、すでに全世界で3万6000社・4500万人以上が利用。一方で、じゃらんコーポレートサービスでは、じゃらんnetが提供する豊富なプランに加え、4000件以上の法人会員限定プランを提供している。

両社のシステム連携イメージは以下のとおり。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。