別荘オーナーの管理組合が「貸別荘」制度を導入、一元管理で「民泊」化を可能に、福島県羽鳥湖高原で

福島県岩瀬郡天栄村のオーナーズフォレスト白河別荘地羽鳥湖高原管理組合は、住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を控え、貸別荘制度の導入を賛成多数で可決した。貸別荘制度導入について別荘地管理組合で議案が可決したのは日本で初めて。

同管理組合では、受け入れ側の体制も整わないままに民泊などで貸別荘利用者が増加した場合、環境面、セキュリティ面において別荘地全体のリスクとなりうるという認識を共有。管理会社による一元管理で、適正な別荘地運営をしてもらう事が利用者にとっても別荘所有者にとっても有益と判断した。

この別荘地を管理するのは、リゾート物件の仲介、リゾートホテル・マンションの運営管理を行うエンゼルのグループ会社「エンゼル那須白河」。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。