未来の「自動車×旅行」でビジネス開発を、東京都の創業支援施設がアイディアコンテスト

東京都の創業支援施設「Startup Hub Tokyo(スタートアップハブトウキョウ)」は、自動車旅行推進機構と共同で、自動車を使った旅の新しいビジネスやサービス開発を目的とする「カーたびアイデアソン」を開催する。

今回のアイデアソンは、自動車と観光の時代の変化に注目したもの。自動車を巡っては、自動運転技術の進展やカーシェアリングなどの新サービスが登場し、自動車を持たない人や運転をしない人でも公共交通機関のない場所に自由に移動できるようになりつつある。

また、観光シーンでは、単に観光スポットを回るだけではなく、その土地の生活を体験したり、旅行をする側だけではなく旅行者を迎え入れる立場にもなれるようになったり、観光情報の発信も簡単にできるようになった。

これらの変化をチャンスと捉え、「自動車×旅行」で未来のサービスを考えていく。

開催日は2017年9月9日。10時~18時まで、ほぼ1日がかりの日程だ。最優秀賞1チームと優秀賞2チームの選出を予定しており、賞品はスタートアップハブトウキョウの企業コンシェルジュによる継続的な事業化サポートや、東京モーターショーでの発表などを予定している。



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。