紅葉の見ごろ予想2017、今年は東・西日本で平年並み、京都・嵐山は11月20日頃から ―ウェザーニューズ

ウェザーニューズは2017年9月5日、2017年秋の紅葉見頃予想を発表した。それによると、山形蔵王(山形県)の見頃は10月5日頃から、栃木県のいろは坂は10月20日頃から、京都・嵐山は11月20日頃からとなる予想になった。

9月の残暑の影響と10月も北海道では気温が高めとなる予想から、北海道や北・東日本の標高が高い山でやや遅い見頃を迎える見通し。東・西日本では平年並みの時期に見頃を迎える予想だ。

なお、今年は北海道や北日本の高い山などでは鮮やかさが控えめになる一方、東・西日本で鮮やかな紅葉が期待できる見通し。今年は北日本や関東で夏に日照時間が少なく、紅葉への影響が懸念されたが、同社が全国のモニターを通じて調査したところ、葉の状態は全国的に良好で低温の影響は少ないとの見通しとなった。また、今年の秋は全国的に天気が周期的に変化する見通しで、それにより、紅葉が鮮やかになる可能性も。ただし、10月は北海道で気温が下がりにくく、鮮やかさが控えめになる可能性があるという。

全国のもみじといちょうの見頃予想マップは以下のとおり。

ウェザーニューズ:報道資料よりウェザーニューズ:報道資料より

ウェザーニューズでは、ウェブサイトやスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で「紅葉見頃傾向2017」情報を提供している。

ウェザーニューズウェブサイト「2017年 紅葉見頃予想」

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。