JAL、B787-8型機を国内線に導入、伊丹発着を中心に2019年から

日本航空(JAL)は、2019年より国内線仕様のボーイング787-8型機を4機導入する。

羽田/伊丹を中心に、伊丹発着路線に導入。同機材が低騒音で運航可能なメリットを活かし、空港近辺の騒音低減につなげる考えだ。

現在JALは国際線機材としてB787-8型機を25機導入、B787-9型機を9機導入(計20機発注)している。JALが787-8型機を国内線に導入するのは初めて。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。