ハイアットのアジア初の新ブランドホテル、東京・銀座で開業日が決定、予約も開始

ハイアットホテルズアンドリゾーツは、アジア第1号となるハイアットの新ブランド「ハイアットセントリック銀座 東京」の開業について、2018年1月22日と発表した。

「ハイアットセントリック」は2015年1月、ハイアットの最新ライフスタイルホテルブランドとして設定。シカゴやニューヨーク、ロサンゼルスなど、米国の主要都市とリゾート地を中心に、世界で計16軒を展開。「ハイアットセントリック銀座 東京」は同ブランドのアジア初展開となる。

発表にあわせ、2018年2月1日以降の宿泊予約も開始。開業月の1月分の宿泊予約は、順次受付を開始する予定だ。

なお、同ブランドでは、ミレニアル世代をメインターゲットに、インテリアやデザインなど館内の雰囲気と個性を重視。シンプルかつ配慮が行き届く合理的なサービスを提供する。常時、インターネットに接続できる環境を整備するほか、ゲストとホテルスタッフとのインタラクションも大切にしており、旅慣れたゲストがホテルを拠点に、旅の最新情報や、街を意気に楽しむための情報を提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。