箱根・強羅に、インターコンチネンタル系の日本初上陸ホテルブランド「インディゴ」が開業へ、全室温泉風呂付きの全100室

インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG)は2019年、箱根・強羅に日本初となるブランド「ホテル インディゴ」を開業する。大和ハウス工業が新たに開発する施設を、IHGの国内運営会社(IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)とGHS社が運営する。

開業予定地は箱根登山鉄道の強羅駅から徒歩10分の場所。客室数は約100室で全室温泉風呂を完備。約80室にはバルコニーに露天風呂を設ける予定だ。そのほか、館内にはレストランやバー、スパトリートメント施設、ヘルスクラブなどを設置する予定。

「ホテル インディゴ」は、その土地が培ってきた本来の魅力を活かすコンセプトで運営されるブティックホテルブランド。現在、世界で80軒のホテルインディゴが運営されており、83軒が開発中という。

「ホテル インディゴ 箱根・強羅」 完成イメージ(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。