キャセイ航空グループ、機内Wi-Fiを全ワイドボディ機に拡大、2018年半ばから順次導入

キャセイパシフィック(CX)グループは、2018年半ばから、グループの保有するボーイング777型機、エアバスA330型機で、機内Wi-Fiサービスの提供を開始する。すでにエアバスA350-900型機に導入しており、「乗客から高い評価を得ている。2020年までにはグループの全ワイドボディ機にサービスを拡大する」(カスタマー&コマース最高責任者ポール・ルー氏)計画。

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空(KA)は、インターネット・サービス・プロバイダGogo社の衛星通信技術を利用したブロードバンドの機内インターネットテクノロジー「2Ku」を採用するアジアで最初の航空会社のひとつ。同テクノロジーをボーイング777型機とエアバスA330型機に順次搭載していく。

キャセイパシフィック航空ウェブサイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。