JAL、超音速旅客機ベンチャーと連携、約11億円の資金提供や技術面などサポート

日本航空(JAL)はこのほど、米国の超音速旅客機ベンチャー「ブーム・テクノロジーズ(BOOM Technology)」と提携した。両社連携のもと、これまでにない超音速機の開発を進め、飛行時間の短縮を目指す。2020年代半ば以降の導入を目標としている。

ブーム社が開発中の旅客機は、現在の旅客機の約2倍以上に相当するマッハ2.2(洋上飛行時。時速換算で2335km)の速度をもつもの。装着座席数は45~55席、航続距離は8334km。

JALは、1000万ドル(約11億円)の資金提供をおこない、定期航空運送事業者の観点で技術・仕様面でブーム社をサポート。プロモーションにも協力し、将来の優先発注権(20機)をもつ。

BOOM Technology

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。