日産とDeNA、無人自動運転の新交通サービス提供へ、専用アプリで観光ルート選択などインバウンド需要も

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、2017年1月に発表した無人運転車両による共同開発中の新交通サービスについて、2018年3月5日から実証実験を開始する。

新交通サービスは自動運転技術を活用したもので、このほど名称を「Easy Ride(イージーライド)」に決定。「もっと自由な移動を」をコンセプトに、誰もがどこからでも好きな場所に移動ができ、地域における既存の交通サービスを補完する交通サービスを目指す。

専用のアプリで目的地の設定と配車、支払いを行ない、目的や気分に合わせたおすすめの観光ルートなど、行き先の選択も自由にできるようにする。また、遠隔管制システムで、無人運転時のサポートを行なうほか、訪日外国人の利用を見込み、多言語対応も予定する。

専用アプリのイメージ

実証実験に参加する一般モニターの募集は、同サービスの公式サイトで実施。締め切りは2018年1月15日。

なお、同実証実験は横浜市が2017年4月に立ち上げた、「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」の取り組みの一つであり、「自動運転ロボット利活用サービス」として神奈川県の「さがみロボット産業特区」の重点プロジェクトでもある。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。