沖縄で「自動走行バス」の運転実証実験、加減速制御で車内転倒事故防止など、ソフトバンクらが新組織結成も

自動運転技術の研究・開発を行なう先進モビリティ社と、ソフトバンクグループのSBドライブは2017年12月13日まで、沖縄県でバス自動運転実証実験を行なう。内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)が掲げた課題の一つ「自動走行システム」として受託した。

運行エリアは宜野湾市と北中城村。今回の実証実験では、先進モビリティが新たに、市販の小型バスをベースに改造して開発した実験車両で、準天頂衛星や高精度3次元地図を利用した車線走行実験と性能評価を行なう。AI(人工技術)も活用し、磁気マーカーを利用した正着制御実験と性能評価、制御技術・センシング技術の高度化を検証。車内転倒事故を加減速制御の活用で減少させる実験や、乗り心地改善などの検証をする予定だ。

なお、これにあわせ、先進モビリティとSBドライブは「沖縄自動走行バスコンソーシアム」を結成した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。