グーグル、スマホでの航空券やホテル比較・予約の使い勝手を改良、小さな画面上で操作性や導線を向上

Google:報道資料より

グーグルの旅行プロダクト・マネジメントを担当するディレクターエリック・ジマーマン氏は、このほど同社ブログで航空券やホテル検索機能を拡充していく方針を明らかにした。スマートフォンの狭いスクリーン上でも簡単に検索や予約をしやすくするもの。

同氏は、「今年はモバイル機器でのサービスに特にフォーカスする」との考えで、「モバイル端末を、旅行のプランニング、そして実際に旅を楽しむためにも不可欠な存在にする」と表明。併せて、「フライト、ホテル、滞在先にやりたいことなど、旅行の計画には、様々な要素が複合的にからむため、特にモバイル機器の場合、小さい画面であちこち検索したり、調べたり、予約するのが非常に面倒な作業になりがち」と、これまでの問題点を指摘している。

グーグルのサイトで紹介された一部の国向けの新サービスによれば、ブラウザで利用できる新しいホテル検索機能では、ロケーションがチェックできる地図ページと、ホテル情報ページを指先のタップで行き来しながら、宿泊料金の検索、アメニティ内容などを比較し、最終的には予約を入れることが可能だ。

また、航空検索サービス「Googleフライト」からホテル情報ページへの移動、あるいはその逆もスムーズになる。具体的には、「Googleフライト」のページ上部に表示される「Hotels」タブをタップするだけでホテル情報のページに移動できる。フライトのスケジュールを選ぶ際、その日程でのホテル空室状況や価格も併せて確認することが簡単になる。

ホテルを検索しながらフライトの空席状況を確認したい場合も同様だ。ホテル関連ページ上部にある「Flights」タブをタップしてGoogleフライトへ移動する。最初にまず都市名を入力し、現地情報をブラウズしながら、フライトやホテルを確認していくこともできる。

また、ページ上部には「More Destinations」「Your Trips」の項目が並ぶ。「More Destinations」をタップすると、別の都市や、その週末におすすめ旅行情報などが表示される。「Your Trips」では、過去に自分がGメール経由で予約した旅行サービスの履歴が表示され、予約内容を確認したり、友人や家族にメールで伝えることができる。この履歴はプライバシー情報であるため、本人以外は閲覧できないように保護されている。

Google:報道資料より

なお、「グーグル・トリップス(Google Trips)」アプリをインストール済みなら各予約情報の保存が可能。「Your Trips(日本語では"旅行"と表示)」ページから、旅先でオフラインの状況でもその情報にすぐアクセスできる。グーグルではこれにより、旅行中に何か問題が発生した場合、旅行会社などサービス提供会社と直接、連絡とりやすくなるとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。