スウェーデンと日本の「国交樹立150周年」でチャーター便、今夏にANAとスカンジナビア航空が運航へ

スウェーデン観光文化センターによると、このほど日本とスウェーデンの国交樹立150周年を記念し、両国の航空会社によるチャーター便と直行便が運航される。

7月21日に全日空(ANA)が仙台からストックホルムへ、7月24日にスカンジナビア航空が東京からストックホルムへ運航するもの。JTBが全日空チャーター便を、H.I.S.とJTB、ワールド航空サービスがスカンジナビア航空直行便を取り扱う。

なお、2019年放映のNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」では、1912年「ストックホルム五輪」で日本から初めて参加した東京オリンピック・パラリンピック選手が主人公のひとりとなる。スウェーデン観光文化センターででは、今後注目の高まりが期待される首都ストックホルムをぜひ訪れてほしいとしている。

日本・スウェーデン 国交樹立150周年記念 特設サイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。