楽天、韓国の宿泊予約サイトで民泊物件を掲載へ、国内民泊施設の販路拡大

楽天グループで民泊事業をおこなう楽天LIFULL STAYはこのほど、韓国の宿泊予約プラットフォーム運営会社「Yanolja(ヤノルジャ)」と民泊事業に関する業務提携について合意した。

今回の提携で、楽天LIFULL STAYは、2018年6月に開設予定の民泊サイト「Vacation STAY(仮称)」に掲載する民泊物件をヤノルジャに供給。韓国の旅行者は、ヤノルジャのサイトを通じて日本の民泊施設を予約可能となる。また、両社は韓国からの訪日旅行者に向けた共同マーケティングもおこなう予定としている。

ヤノルジャは、現在、1万7000軒以上の宿泊施設と提携しており、2017年の売上は650億ウォン(約6440億円)以上。

Yanolja(ヤノルジャ)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。