JR東海、外国人向け「周遊きっぷ」で販路拡大、国内販売にも対応へ

JR東海は2018年4月1日から、訪日外国人旅行者向け「周遊きっぷ」の国内販売を開始する。これまでは海外販売のみだったが、多様化するインバウンド需要に応えてサービス拡大に至ったもの。

対象は、「高山・北陸エリア周遊きっぷ」「伊勢・熊野・和歌山エリア周遊きっぷ」「アルペン・高山・松本エリア周遊きっぷ」「富士山・静岡エリア周遊きっぷ ミニ」の4種類。料金は、「高山・北陸エリア周遊きっぷ」は国内販売が1万5000円、海外販売が1万4000円。それ以外のコースも、海外発売価格のほうが500円から1000円割安となっている。

この周遊きっぷの利用資格は、日本以外の政府が発行したパスポートを持ち、「短期滞在」に義等する在留資格を持つ旅行者。国内での発売箇所は、JR東海やJR西日本の主要駅、JR東海ツアーズ、日本旅行大阪支店、中部国際空港など(商品によって異なる)。

そのほか、有効期間や効力などは、海外販売と同じとなっている。商品に関する詳細は以下の特設ページまで。

Tourist Pass

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。