日本のビザ発給数2017実績、586万件で過去最高、中国人向け発給は個人観光ビザが団体観光ビザを上回る

外務省が発表した2017年のビザ発給統計によると、全在外公館によるビザ発給数は前年比9.1%増の586万9012件となり、過去最高を記録した。

国籍・地域別の内訳では、中国、フィリピン、インドネシア、ベトナムの上位4か国で、発給数が全体の約9割に。トップの中国に限ると、6.6%増の450万4718件で、全体の約8割を占めた。

このうち、中国人観光客は、団体観光、個人観光、数次ビザの合計が約393万件で、全体の約67%に。個人観光ビザが22.8%増の199万8130と増加した一方、団体観光ビザは20.3%減の139万9517件となり、個人観光ビザの発給数が逆転。中国人訪日旅行者の個人旅行化が顕著に表れた。

また、数次ビザも昨年より倍増。昨年4月に開始した「十分な経済力を有する人に対する数次ビザ」で19万5516件となったほか、条件を緩和した「相当の高所得者に対する数次ビザ」は53.0%増の21万6117件、訪問エリアを拡大した「東北数次ビザ」は38.8%増の2万9535件に増加した。

発表資料より
発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…