中国で30日間ビザなし観光を可能に、59か国が対象、リゾート地「海南島」でビザ免除へ

中国公安部と国家入国管理局は2018年5月1日から、中国のハワイと言われる「海南島」での観光について、ビザ免除を行なうことを発表した。

対象は日本を含む59か国で、滞在期間は30日間まで。海南省で登録され、中国国家観光局の承認を受けた旅行代理店を通じてツアーを予約した場合に限る。従来、日本国民は中国への旅行の際、15日以内はビザが免除されているが、それ以上の滞在にはビザが必要だ。

対象の59か国は以下の通り。

海南島のビザ免除・対象59か国

ロシア、英国、フランス、ドイツ、ノルウェー、ウクライナ、イタリア、オーストリア、フィンランド、オランダ、デンマーク、スイス、スウェーデン、スペイン、ベルギー、チェコ共和国、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、アイルランド、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア、アルバニア、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、日本、シンガポール、マレーシア、タイ、カザフスタン、フィリピン、インドネシア、ブルネイ、モナコ、ベラルーシ、アラブ首長国連邦、カタール

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…