クルーズ客受け入れ整備で補助金、2018年度は20港が決定、横浜・大黒ふ頭地区の屋根付き道路設置など ―国土交通省

国土交通省は、2018年度国際クルーズ旅客受入機能高度化事業の実施港を決定した。政府が目標に掲げる「訪日クルーズ旅客数500万人」実現に向け、旅客の利便性や安全性強化を図るための取り組み。公募を経て20港の事業実施と補助金の配分が確定した。

今回決定した事業のうち、規模が最も大きいのは、横浜・大黒ふ頭地区の屋根付き道路と大型テント整備(国費約2億280万円)。そのほか、熊本県八代港・外港地区の上屋の撤去とボーディングブリッジ整備(国費1億1600万円)、静岡県・清水港日の出地区の旅客上屋等の改修と上屋の撤去(国費1億円)などとなっている。

決定した事業とその内容は以下のとおり。

2018年度国際クルーズ旅客受入機能高度化事業の実施港

※港 地区(事業主体):整備概要(配分額 事業費/国費 千円)

  • 網走港 新港地区(網走市):大型テント 貨客分離フェンス(5,880/1,960)
  • 稚内港 末広地区(稚内市):旅客上屋等の改修(1,620/540)
  • 釧路港 東港区北地区(釧路市):テント(1,500/500)
  • 東京港 13号地(東京都):屋根付き通路(5,1001,700)
  • 横浜港 新港ふ頭地区(横浜市):屋根付き通路荷物搬送設備(180,00060,000)
  • 横浜港 大黒ふ頭地区(横浜市):屋根付き通路 大型テント(608,400202,800)
  • 金沢港 南地区(石川県):屋根付き通路 大型テント(160,50053,500)
  • 清水港 日の出地区(静岡県):旅客上屋等の改修 上屋の撤去(300,000100,000)
  • 名古屋港 ガーデンふ頭地区(名古屋港管理組合):屋根付き通路(12,3004,100)
  • 舞鶴港 西港地区(京都府):屋根付き通路旅客上屋等の改修(60,00020,000)
  • 神戸港 新港地区(神戸市):旅客上屋等の改修(108,00036,000)
  • 新宮港 佐野地区(和歌山県):大型テント(30,00010,000)
  • 境港 外港中野地区(境港管理組合):屋根付き通路 大型テント(64,50021,500)
  • 徳島小松島港 赤石地区(徳島県):大型テント 照明設備(10,2003,400)
  • 高知港 三里地区(高知県):照明設備(21,0007,000)
  • 博多港 中央ふ頭地区(福岡市):屋根付き通路(95,40031,800)
  • 佐世保港 浦頭地区(佐世保市):照明設備(15,0005,000)
  • 八代港 外港地区(熊本県):上屋の撤去 ボーディングブリッジ(348,000/116,000)
  • 細島港 工業港地区(宮崎県):旅客上屋等の改修(45,00015,000)
  • 油津港 東地区(宮崎県):旅客上屋等の改修(3,0001,000)
  • 那覇港 新港ふ頭地区(那覇港管理組合):旅客上屋等の改修(24,6008,200)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。