中国大手OTA「シートリップ(Ctrip)」が空港送迎サービスと提携、多言語で事前予約に対応

空港送迎に特化した予約サービス「SmartRyde(スマートライド)」を提供するディーエルジービー(DLGB)はこのほど、中国大手OTA「シートリップ(Ctrip)」とのサービス提供契約を締結した。今後、シートリップ運営の旅行予約サイト「Trip.com(トリップコム)」経由で、送迎予約サービスを提供する。

SmartRydeは、空港送迎をおこなう現地サプライヤーとのネットワーク構築をおこない、世界150か国・500以上の都市でサービスを展開する企業。プロライセンスを取得し、保険に加入する専門ドライバーによるサービスが特徴だ。まずはトリップコムの香港向けサイト「https://hk.trip.com」からサービスを開始し、その後、日本語を含む複数言語で提供していく計画としている。

シートリップは2017年に旅行サイト「Trip.com」を買収。グローバル展開を目的に、中国以外でのブランド名を「Trip.com」に移行している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。