【図解】旅行会社トップ5社の4月実績、国内は阪急交通社が5位に浮上、訪日はHISが7割増 ―観光庁(速報)

観光庁が発表した主要旅行業者50社の旅行取扱状況速報によると、2018年4月の総取扱額は前年比7.4%増の4354億6173万円。そのうち、海外旅行は13.8%増の1499億688万円、外国人旅行は19.7%増の276億6469万円、国内旅行は2.9%増の2578億9016万円だった。

※2018年4月より、同統計の対象となるJTBグループは集計値を25社合計から12社合計に変更。KNT-CTホールディングスは11社合計から13社計に変更した。そのほか、エボラブルアジア(エアトリ=旧DeNAトラベル含む4社計)とビッグホリデーが新たに追加された。なお、「外国人旅行」は日本の旅行会社によるインバウンド旅行を指している。

分野別・上位5社の直近12ヶ月の推移

直近12ヵ月の海外旅行取扱額上位5社・直近12ヵ月推移比較グラフは以下のとおり。2018年4月は上位5社(JTBグループ12社、H.I.S.グループ6社、阪急交通社グループ3社、KNT-CTグループ13社、日本旅行)のうち、HISと阪急交通社は2割増以上を記録した。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

外国人による訪日旅行の旅行会社別取扱額上位5社・直近12か月推移は以下のとおり。4は上位5社(JTBグループ12社、日本旅行、H.I.S.グループ6社、KNT-CTグループ13社、楽天)のうち、JTBは過去12カ月で最高額(100億1100万円)を記録。HISは昨年の7割増で好調となった。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

国内旅行の旅行会社別取扱額上位5社・直近12か月推移は以下のとおり。4月は上位5社(JTBグループ12社、楽天、KNT-CTグループ13社、日本旅行、阪急交通社)のうち、阪急交通社が12ヵ月ぶりにANAセールスを抜いて5位に浮上。楽天は前年比15%増で好調に推移した。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

旅行商品ブランド全体の取り扱い状況

2018年4月の旅行商品ブランド(募集型企画旅行)は、総取扱額が前年比1.7%増の1006億5673万円、取扱人数合計は4.5%減の275万3952人。海外旅行は取扱額が6.4%増の271億163万円、取扱人数が1.1%増の13万1107人。外国人旅行は取扱額が13.1%減の8億9372万円、取扱人数は2.8%減の6万2815人。国内旅行は取扱額が0.2%増の726億6137万円、取扱人数が4.8%減の256万30人。海外旅行は取扱額・人数ともに増加傾向を示したものの、外国人旅行はいずれも減少。国内は人数が減少したが取扱額が増加する状況となっている。

方面別の全体傾向

旅行会社へのヒアリングによれば、海外旅行は欧州が好調だったほか、ゴールデンウィーク前半に出発が集中したため総取扱額が昨年同月よりも増加。外国人旅行は、イースター休暇が昨年と異なり3月末からとなったなどの要因があったがMICE案件が好調。国内旅行は団体旅行で前年の反動減が発生したが、3連休があったことが奏功して微増となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。