静岡・教育系の旅行会社「国際観光」が破産開始、負債総額は約4億4000万円 ―東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、静岡県の国際観光株式会社が2018年7月9日に破産開始決定を受けた。負債総額は約4億4000万円。

同社は静岡県教育事業団体のひとつで、県下の学校の修学旅行や遠足などを中心に催行。ピークの1998年には売上高約37億円を計上していた。しかし、教育旅行に参入する旅行業者の増加による競争激化や、手数料の減少による減収などにより採算性が悪化。資金繰りで多忙を極める状態に陥り決済不能となり、今回の措置に至ったという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。