Suicaなど交通系電子マネーが2ケタ増で拡大、単月の利用件数が2億件を突破、相互サービス開始後は右肩上がり

JR各社やPASMO協議会など、交通系ICカードを発行する10事業者によると、交通系ICカードでの1か月あたりの電子マネー利用件数が2018年7月に、初の2億件超となる約2億432万件に達した。

各社は2013年3月下旬から、SuicaやPASMO、ICOCAなど、全国9つの交通系ICカードの相互利用サービスを開始し、利便性の向上に努めてきた。以降、利用件数は右肩上がりに推移。特に昨年以降の伸びは著しく、1年前の2017年7月時点から2271万件、2017年5月からは4904万件増加している。

今後も各事業者では、利用可能な箇所の拡大を図るなど、さらなる利便性の向上に努めるとしている。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…