移動の次世代サービス「MaaS(マース)」など新モビリティを全国へ、国交省が第一回懇談会、観光案内など付随サービスも視野に

国土交通省は2018年10月17日、第1回「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」を開催する。出発地から目的地までの移動手段を一元的なサービスとして捉える「MaaS(マース=Mobility as a Service)」をはじめ、公共交通分野の新たな事業の可能性を広げるモビリティサービスを検討するもの。

ここでは、都市部での道路混雑やドライバー不足、地方での少子高齢化などの課題を背景に、日本における望ましい交通サービスの新たなありかたを中心に、移動サービスとして観光案内などの付随サービスも視野に置くMaaS、バス・タクシー分野でのAI・自動運転の課題なども検討。10月17日の第1回懇談会では、都市部や地方部における交通の現状や今後の検討の方向性について議論する予定だ。

懇談会の座長には、筑波大学特命教授の石田東生氏が就任。そのほか、大学や自動車ジャーナリスト、豊田自動車未来創生センターなどの有識者で構成する。


国土交通省:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。