スマホで2次交通の予約・決済を実証実験、JR東日本・東急・楽天ら「観光型Maas」で連携

JR東日本と東急電鉄は、「2次交通統合型サービス(観光型Maas=Mobility as Service)」の共同提供を開始する。第一弾として、2019年から伊豆エリアでの実証実験を実施。ジェイアール東日本企画が実証実験の運営を実施、決済システムなどの知見をもつ楽天も協働する計画だ。

この取り組みは、移動拠点となる駅や空港から、バスやタクシー、AI型オンデマンド交通、シェアカーといった「2次交通」をスマホ経由で予約・決済し、目的地までのスムーズな移動をサポートするもの。

実験は2019年春、「静岡デスティネーションキャンペーン」の開催時に伊豆エリアにて実施。同地区の2次交通が検索・予約・決済できる機能と、宿泊施設や観光地などを連携し、国内外の観光客がシームレスに移動できる仕組みを構築。実証実験は、北海道や東北などでの展開も検討する。

観光型Maasが目指すイメージ:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。