オーストリア航空、来年4月末から日本路線を毎日運航へ、成田線を夏スケジュールで増便

オーストリア航空は2019年夏期スケジュールで、成田/ウィーン路線を増便する。2020年の東京オリンピックを控え、欧州からの観光客が増加する状況を踏まえ、決定した。

まずは3月末~4月末は当初計画の週4便から週6便に増やし、4月末以降は1日1便運航とする。同路線の運航機材はボーイングB777-200型機で、増便分ではボーイングB767型機を使用する。

なお、オーストリア航空は全日空(ANA)が2019年2月17に開設する羽田/ウィーン線で共同運航も実施する。これにより、2019年夏期スケジュールでは東京/ウィーン間で週14便を運航することになる。

オーストリア航空 成田/ウィーン線スケジュール

  • 2019年4月1日~4月30日(ウィーン発3月31日~4月29日)
    • OS52 成田 13:35発/ ウィーン 18:35着(日・月・火・水・金・土)※水・土はB767型機
    • OS51 ウィーン 17:45発/成田 11:55着(翌日)(日・月・火・木・金・土)※火・金はB767型機
  • 2019年5月1日~10月27日(ウィーン発4月30日~10月26日)
    • OS52 成田 13:35発/ ウィーン 18:35着(毎日)※水・金はB767型機
    • OS51 ウィーン 17:45発/成田 11:55着(翌日)(毎日)※火・木はB767型機

      ※関係当局の認可が前提


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。