検索タグ "オーストリア航空"

オーストリア航空、成田/ウィーン路線を再開、5月にはデイリー運航へ

オーストリア航空、成田/ウィーン路線を再開、5月にはデイリー運航へ

オーストリア航空が2019年4月1日から、成田/ウィーン路線を週6便で再開。また、5月1日からは週7便での運航が決定。
オーストリア航空、来年4月末から日本路線を毎日運航へ、成田線を夏スケジュールで増便

オーストリア航空、来年4月末から日本路線を毎日運航へ、成田線を夏スケジュールで増便

オーストリア航空が成田/ウィーン線を増便。2019年夏期スケジュールで4月以降は毎日運航。
オーストリア航空、成田/ウィーン線を再開へ、業績の大きな改善や「確固たる需要」で

オーストリア航空、成田/ウィーン線を再開へ、業績の大きな改善や「確固たる需要」で

オーストリア航空(OS)が2018年夏期スケジュールより、成田/ウィーン間の直行便を運航再開。週5便を予定。
オーストリア航空、9月に日本路線の運航停止、中国シフトで上海・香港路線を開設

オーストリア航空、9月に日本路線の運航停止、中国シフトで上海・香港路線を開設

オーストリア航空は現在、デイリーで運航している成田/ウィーン線について、2016年9月4に運航を終了することを発表。代わりに香港線を就航。上海もデイリー化で中国市場を強化。
GDSアマデウス、ルフトハンザ航空の新運賃に対応、全チャネルで流通開始へ

GDSアマデウス、ルフトハンザ航空の新運賃に対応、全チャネルで流通開始へ

アマデウスは、ルフトハンザ・ドイツ航空とオーストリア航空が10月1日から適用する新コンセプトの運賃を実装し、全チャネルでの流通を開始した。
航空券に新たな手数料、ルフトハンザ航空が自社以外の予約・発券システム利用で16ユーロ課金へ

航空券に新たな手数料、ルフトハンザ航空が自社以外の予約・発券システム利用で16ユーロ課金へ

ルフトハンザ・グループはルフトハンザ・ドイツ航空など傘下の4航空会社で、全世界において、GDSでの予約に手数料を導入する。従来、運賃に一律で転嫁していたコストを利用者側に求めることに。
ルフトハンザグループ第1四半期、旅客総数は微増

ルフトハンザグループ第1四半期、旅客総数は微増

ルフトハンザグループの2014年第1四半期(2014年1〜3月)の輸送実績は、前年同期比0.5%増の合計2,170万人だった。
羽田/オーストリア可能に、航空協議で首都圏含め自由化

羽田/オーストリア可能に、航空協議で首都圏含め自由化

日本とオーストリアの航空当局間協議が開催され、首都圏含む自由化で合意。羽田は深夜早朝時間帯に1日1便ずつの運行が可能となった。
ルフトハンザグループ、過去最高の旅客輸送量を記録

ルフトハンザグループ、過去最高の旅客輸送量を記録

ルフトハンザ グループは、過去最高の旅客輸送量を記録。2013年の座席利用率は約80%に向上、旅客輸送量は有償旅客キロ換算で過去最高に。
ウィーン楽友協会で「第九」を歌う交流イベント「UTAU DAIKU」、2014年3月に開催

ウィーン楽友協会で「第九」を歌う交流イベント「UTAU DAIKU」、2014年3月に開催

2014年3月、オーストリア・ウィーンで「UTAU DAIKU」が開催。これは、「音楽」を通した友好イベントで、ベートーヴェンの「交響曲第9番(第九)」を両国の参加者がウィーン学友協会で合唱する。
ルフトハンザグループ、3社が共同オフィスで業務開始 -オーストリア航空、スイス インターナショナルが移転

ルフトハンザグループ、3社が共同オフィスで業務開始 -オーストリア航空、スイス インターナショナルが移転

オーストリア航空(OS)、スイス インターナショナル エアラインズ(LX)は、ルフトハンザ ドイツ航空(LH)が従来からオフィスを構える日本支社にオフィスを移動。3社は共同オフィスで業務開始した。各社はそれぞれのブランドを維持、ANAとグループ3社の共同事業を推進する
オーストリア航空、ANA/全日空とジョイントベンチャーを開始

オーストリア航空、ANA/全日空とジョイントベンチャーを開始

オーストリア航空(OS)は4月1日から、ルフトハンザ航空(LH)に続きANA/全日本空輸(NH)と日本/ヨーロッパ路線でのジョイントベンチャー事業を開始。

全日空、日欧間の共同事業拡大-ルフトハンザ傘下2社も参加

全日空とルフトハンザ・ドイツ航空の共同事業に、スイス・インターナショナル・エアラインズとオーストリア航空が参加。国土交通省が独占禁止法適用除外を認可。13年春から4社共同運賃を販売