ルフトハンザグループ第1四半期、旅客総数は微増

ルフトハンザグループを構成するルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、ジャーマンウイングス(4U)、スイス・インターナショナル・エアラインズ(LX)、オーストリア航空(OS)の2014年第1四半期(2014年1〜3月)の輸送実績は、前年同期比0.5%増の合計2,170万人だった。総運航便数はグループ全体で同1.2%減少、座席利用率も同0.5ポイント低い平均75.6%だった。有効座席キロは同0.4%増加したものの、有償旅客キロは同0.3%減という結果になった。

期間中、3月にドイツ統一サービス産業労働組合(ベルディ)がドイツ国内空港の組合員に呼びかけたストライキがあったほか、長距離路線に比べて短・中距離路線の接続便で座席供給量が大きく増加した。旅客増の要因としては、グループ内で進められている機材近代化の一環として大型機を使用したことが挙げられる。

各社個別の実績は以下のとおり。

  • LH (4Uとルフトハンザリージョナルを含む)

総旅客数:15,777,000/1.5%増

有効座席キロ(百万席キロ):42,320/増減なし
有償旅客キロ(百万人キロ):31,650/0.9%減
座席利用率:74.8%/0.7 ポイント減
総運航便数:161,158/0.4%増

  • LX(エーデルワイス航空を含む)

総旅客数:3,720,000/2.1%減

座席利用率:79.1%/0.7 ポイント減
総運航便数:38,459/4.3%減

  • OS

総旅客数:2,241,000/2.3%減

座席利用率:74.2%/0.2 ポイント増
総運航便数:29,404/4.6%減

  • ルフトハンザグループ全体

総旅客数:21,738,000/+0.5

座席利用率:75.6%/0.5 ポイント減
総運航便数:231,584/1.2%減

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。