JR東日本、シンガポールに新会社設立、駅ナカ・商業運営など東南アジアでも展開へ

東日本旅客鉄道は、2018年11月27日付でシンガポールに現地法人「JR東日本東南アジア事業開発」を設立した。2017年11月に発表した「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」に基づき、生活サービス事業の領域を東南アジア地域でも展開する目的。現地マーケットに根差した事業展開、グループ内外の企業との共同出資などを通じた機動的な事業を推進する。

具体的には、駅ナカ・駅周辺での商業運営事業やジャパンコンテンツの東南アジア進出支援、マーケティングリサーチなどを手がける。資本金は約10億円で、JR東日本が100%出資する。英文の名称、所在地は以下のとおり。

名称:JR East Business Development SEA Pte.Ltd.


所在地:5 Shenton way,UIC Building,#10-01,Singapore

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。