世界の航空会社の定時運航率2018、ANAが総合11位・JALが13位に、空港部門は成田空港が13位 ―OAG

航空関連情報の収集や提供を行うOAG Aviation Worldwide Limited(OAG)は、2018年の世界の航空会社と空港の定時運航遵守率ランキング「OAG Punctuality League 2019」を発表した。

それによると、航空会社で総合1位となったのはパナマの「コパ航空」で、定時運航遵守率を示すOTP(on-time performance)は89.79%。日本からは、11位にANA(84.43%)、13位にJAL(83.99%)、18位にソラシドエア(82.90%)がランクされた。

※対象は、年間3万便以上の定期便を運航し、有効座席キロ(ASK)ベースの2018年実績が世界250位以内に入る航空会社。

総合、LCC、アジア太平洋地域のランキングは以下のとおり。カッコ内数字はOTP。

定時運航遵守率 トップ20(総合)

  • 1. コパ航空(89.79%)
  • 2. エア・バルチック(89.17%)
  • 3. 香港航空(88.11%)
  • 4. ハワイアン航空(87.52%)
  • 5. バンコク・エアウエイズ(87.16%)
  • 6. カンタス航空(85.65%)
  • 7. LATAM航空グループ(85.60%)
  • 8. アズールブラジル航空(85.21%)
  • 9. カタール航空(85.17%)
  • 10. KLMオランダ航空(84.52%)
  • 11. 全日空(ANA)(84.43%)
  • 12. ジェットスターアジア航空(84.13%)
  • 13. 日本航空(JAL)(83.99%)
  • 14. エア・アスタナ(83.52%)
  • 15. シンガポール航空(83.46%)
  • 16. デルタ航空(83.08%)
  • 17. イベリア航空(83.04%)
  • 18. ソラシドエア(82.90%)
  • 19. マンゴー航空(82.88%)
  • 20. アリタリア-イタリア航空(82.87%)

定時運航遵守率 トップ20(LCC)

  • 1. アズールブラジル航空(85.21%)
  • 2. ジェットスターアジア航空(84.13%)
  • 3. ソラシドエア(82.90%)
  • 4. マンゴー航空(82.88%)
  • 5. ボラリス(82.04%)
  • 6. トランサヴィア航空(81.98%)
  • 7. インディゴ(81.70%)
  • 8. タイエアアジア(81.24%)
  • 9. スピリット航空(80.83%)
  • 10. スカイ航空(79.89%)
  • 11. ゴル航空(79.70%)
  • 12. エアアジア・インディア(79.03%)
  • 13. サウスウエスト航空(78.20%)
  • 14. ヴァージン・アメリカ(77.57%)
  • 15. アレジアント航空(76.92%)
  • 16. フライナス(76.79%)
  • 17. ウエストジェット航空(76.26%)
  • 18. ノルウェー・エアシャトル(74.57%)
  • 19. ジェットスター航空(74.33%)
  • 20. エアプサン(74.08%)

定時運航遵守率 トップ10(アジア太平洋)

  • 1. 香港航空(88.11%)
  • 2. バンコク・エアウエイズ(87.16%)
  • 3. カンタス航空(85.65%)
  • 4. 全日空(ANA)(84.43%)
  • 5. ジェットスターアジア航空(84.13%)
  • 6. 日本航空(JAL)(83.99%)
  • 7. エア・アスタナ(83.52%)
  • 8. シンガポール航空(83.46%)
  • 9. ソラシドエア(82.90%)
  • 10. インディゴ(81.70%)

空港については、年間出発供給座席数が2000~3000万規模の主要空港のうち、定時運航遵守率の1位はモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港。13位には日本の成田国際空港がランクされた。

定時運航遵守率 トップ20(主要航空)

  • 1. シェレメーチエヴォ国際空港(モスクワ)(87.00%)
  • 2. ドーハ国際空港(カタール)(84.91%)
  • 3. ミネアポリス・セントポール国際空港(米国)(84.02%)
  • 4. デトロイト・メトロポリタン国際空港(米国)(83.84%)
  • 5. メキシコ・シティ国際空港(メキシコ)(83.35%)
  • 6. インターコンチネンタル・ヒューストン国際空港(米国)(82.26%)
  • 7. バンコク・ドンムアン空港(タイ)(81.52%)
  • 8. シアトル・タコマ国際空港(米国)(80.58%)
  • 9. マイアミ国際空港(米国)(79.91%)
  • 10. サンパウロ・グアルーリョス国際空港(ブラジル)(79.91%)
  • 11. フェニックス・スカイハーバー国際空港(米国)(79.88%)
  • 12. ラスベガス・マッカラン国際空港(米国)(79.70%)
  • 13. 成田国際空港(日本)(79.65%)
  • 14. シャーロット・ダグラス国際空港(米国)(79.51%)
  • 15. フォートローダーデール・ハリウッド国際空港(米国)(77.17%)
  • 16. オーランド国際空港(米国)(76.98%)
  • 17. シドニー国際空港(オーストラリア)(76.10%)
  • 18. メルボルン空港(オーストラリア)(74.69%)
  • 19. フィウミチーノ空港(イタリア)(74.09%)
  • 20. ボストン ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港(米国)(74.05%)

なお、日本の空港では、年間出発供給座席数が1000~2000万の大規模空港では1位が大阪国際空港(伊丹空港)(88.22%)、7位が新千歳空港(83.47%)、9位が福岡空港(82.48%)。500~1000万の中規模空港分野は7位が中部国際空港(84.08%)となっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。