航空会社の定時運航率ランキング2016、1位はハワイアン航空、JALが5位・ANAが12位 ―英OAG

イギリスに拠点をおく航空関連情報会社OAG(オフィシャル・エアライン・ガイド)社はこのほど、世界の航空会社を対象とする定時運航遵守率ランキング「2016 OAG Punctuality League」の結果を発表した。それによると、1位はハワイアン航空で89.87%、2位はコパ航空(88.75%)、3位はKLMオランダ航空(87.89%)だった。

国内航空会社では、JAL(86.74%)が5位、ANA(84.71%)が12位にランクインしている。定時運航遵守率ランキングは以下のとおり。

定時運航遵守率 トップ20

  1. ハワイアン航空(89.87%)
  2. コパ航空(88.75%)
  3. KLMオランダ航空(87.89%)
  4. カンタス航空(87.56%)
  5. JAL/日本航空(86.74%)
  6. フライビー(86.62%)
  7. アラスカ航空(86.05%)
  8. イベリア航空(85.67%)
  9. モナーク・エアラインズ(85.67%)
  10. シンガポール航空(85.19%)
  11. オーストリア航空(84.89%)
  12. ANA/全日空(84.71%)
  13. GOL航空 (84.63%)
  14. ヴァージン・オーストラリア(84.52%)
  15. デルタ航空(84.29%)
  16. フィンエアー(84.12%)
  17. トランスアビア(83.98%)
  18. エアリンガス(83.97%)
  19. ガルフエア(82.70%)
  20. ジェット・ツー(82.64%)

この調査の対象は、OAGがフライトデータの8割以上を把握できている航空会社のうち、2016年の年間定期運航数が3万便以上、有効座席キロ(ASK)が上位200社以内に該当する企業。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。