オンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」、スタートアップのコンテスト募集を開始、過去の優勝者はアジア発ユニコーンの「Klook」など

テクノロジーと旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」が、恒例のスタートアップピッチコンテストの募集を開始した。

応募資格は設立5年未満のトラベル、ツーリズム、ホスピタリティ関連のサービスを提供するテクノロジー企業。WiT JAPANのスタートアップピッチコンテストでは、過去にアジア発トラベル系のユニコーンスタートアップ企業として躍進するKlookが最終選考で優勝するなど、トラベル×テクノロジー系起業家の登竜門としての呼び声が高い。

コンテストのスケジュールは、2019年4月15日に応募締め切り、7月4日のWiT Japan 2019 Bootcampでセミファイナル、翌7月5日のメインカンファレンスで最終選考を実施。まずは応募者の中からセミファイナルに進出する10社を書類選考し、セミファイナルでのピッチの結果3社が最終選考に進む。業界のエキスパートからコーチングを受けたり、業界関係者の前で起業アイディアをプレゼンする機会となる。

応募社のなかから10社を選考。2019年7月4日のWiT JAPAN2019 Bootcampで実施するセミファイナルで選考した3社が、ファイナリストとして7月5日のメインカンファレンスに進出する。優勝者には2019年10月の「WiT Singapore」の参加チケットを贈呈する。募集概要、申し込み先等はWiT JAPAN2019の公式サイトへ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。