せとうちエリアに観光型高速クルーザー、JR西日本らが開発着手、鉄道と船舶の周遊ルート構築へ

JR西日本と瀬戸内海汽船はこのほど、せとうちエリアへの観光型高速クルーザーの開発に着手した。2020年夏をめどに導入し、鉄道と船舶を組み合わせた観光周遊ルートの構築を図る。

2019年5月8日付で、両社および国土交通省中国運輸局の間で「せとうちエリアの海事観光の振興に向けた連携協力に関する協定」を締結。独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が2018年度に創設した「国内クルーズ船」の共有建造制度を初めて活用する。

新造船は定員90名程度で、スーパーヨット型のデッキを備えるほか、外国人向けの船内案内設備も充実させる。海上ルートは、両社が2018年、2019年に実施する「せとうち島たびクルーズ」の立寄港をベースに検討を進める。旅行会社の貸切チャーター誘致も図る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。