JAL、天草エアラインとコードシェアや乗務員派遣、運休影響の軽減へ

PATARA / Shutterstock.com

日本航空(JAL)は2019年5月31日、熊本/伊丹線を8月1日搭乗分から天草エアライン(AMX)とコードシェアすると発表した。運航乗務員の不足で運休が発生しているAMXの影響を軽減する考え。期間中、AMXは同路線を運休する。今後、JALグループの日本エアコミューター(JAC)がAMXの乗務員確保にも取り組み、12月をめどに不足の解消を見込む。具体的には、JACから運航乗務員を短期出稿派遣。受入や訓練の受委託も検討する。

なお、コードシェア対象路線と天草への接続ダイヤは以下のとおり。運航は毎日。

  • JAL2386/AMX9801便 熊本14:10発/伊丹15:15着
  • JAL2385/AMX9802便 伊丹12:25発/熊本 13:35着
  • AMX201便 天草12:55発/熊本13:15着
  • AMX202便 熊本15:15着/天草14:40着

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。