エルアル・イスラエル航空、国交省が日本就航を許可、香港航空とコードシェアで9月30日から

国土交通省は2019年6月27日付で、エルアル・イスラエル(LY)航空に対する外国人国際航空運送事業の経営許可を行った。

エルアル・イスラエル航空は2019年9月30日から、成田/香港/テルアビブ線と関西/香港/テルアビブ線の2路線に就航する。このうち、成田/香港間は週7便、香港/テルアビブ間は週6便、関西/香港間は週5便、香港/テルアビブ間は週7便の体制で運航。既存の香港航空(HX)とのコードシェアによる乗り入れで、香港/テルアビブ間はエルアル・イスラエル航空の運航となり、日本から成田・関西/香港間のみの利用(第5輸送)はできない。

なお、エルアル・イスラエル航空は、2020年3月から成田/テルアビブ線の直行便を週3便で就航する計画も発表している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。