東京メトロとNTT、都内モビリティ向上などで連携へ、両社の技術やデータを活用

東京地下鉄(東京メトロ)とNTTは、東京の魅力創生などをテーマに協業することで合意した。

(1)インフラの安全・安定性の向上、(2)移動の円滑性向上、(3)東京の威力・活力の共創の3分野で連携するもの。

東京メトロは現在、中期計画「東京メトロプラン2021」の一環として、新技術の開発・導入や大規模スポーツイベント期間の輸送対応、新たなモビリティサービスの実現に向けた活動を推進。一方のNTTグループも中期経営計画「Your Value Partner2025」として、情報通信インフラ保全業務に関する技術やモバイルデータを活用したデジタルマーケティング、AI・IoT技術を用いたスマートモビリティなどを通じ、デジタルトランスフォーメーション分野に注力している。

そのような背景を受け、今回の取り組みでは両社が保有する技術やデータを活用して新たなサービスの共同開発を推進。例えば、東京メトロが持つ鉄道運行情報や改札口の入出場データ、NTTのモバイルデータやモビリティサービスなどをかけ合わせ、観光分野も含めた東京の魅力や活力向上、働きやすく暮らしやすい東京の共創につなげる。

東京メトロ:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。