国交省、日本版MaaSのモデル事業を開始、第一弾の全国15事業を決定

国土交通省は、日本版MaaS(Mobility as a Service)の実現に向けたモデル事業の実証実験を開始する。「新モビリティサービス推進事業」について、先駆的な取り組みを展開する19事業を選定。その中で準備が整った15事業に対して第一弾の交付決定をおこなった。

今回、交付決定対象事業は以下のとおり。残りの4事業についても、準備が整い次第交付をおこなう予定だ。

交付決定(第1弾)対象事業

大都市近郊型・地方都市型

  • 日立地域MaaS 実証実験(茨城県日立市)
  • 顔認証やアプリを活用するキャンパスMaaS 及び医療MaaS 実証実験(茨城県つくば市)
  • 社会実装に向けた前橋版MaaS の実証(群馬県前橋市)
  • 神奈川県における郊外・観光一体型MaaS 実証実験(神奈川県川崎市・箱根町)
  • 令和元年度静岡型MaaS 基幹事業実験(静岡県静岡市)
  • まちなか自動移動サービス事業実証実験(兵庫県神戸市)

地方郊外・過疎地型

  • こもののおでかけをMaaS で便利にするプロジェクト(三重県菰野町)
  • 相楽東部地域公共交通再編事業(京都府南山城村)
  • 定額タクシーを中心とした過疎地型Rural MaaS 実証実験(島根県大田市)
  • 庄原地区 先進過疎地対応型MaaS 検討・実証プロジェクト(広島県庄原市)

観光地型

  • 会津Samurai MaaS プロジェクト(福島県会津若松市)
  • 志摩地域観光型MaaS 実証実験(三重県志摩地域)
  • 大津市中心市街地及び比叡山周辺の活性化を目指した大津市版MaaS 実証実験(滋賀県大津市)
  • 瀬戸内の復権へ:海・陸・空の自由な移動網による国際観光先進都市の創造(瀬戸内エリア)
  • 八重山MaaS 化事業(Phase1:観光型MaaS 構築に向けた実証実験)(沖縄県八重山地域)
国交省:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…