トラベルポート、ブロックチェーン技術でホテルのコミッション処理を最適化へ、IBMらと新ソリューション開発

トラベルポートは、IBMサービスやトラベルマネジメント大手のBCDトラベル、ホテルチェーンらと共同で、ブロックチェーン技術を利用したソリューション開発に着手した。

今回の取り組みは、分散型台帳を通じてコミッション処理を最適化するのが目的。旅行会社が予約したホテルのコミッション支払に対する、照合や追跡、経理処理についてブロックチェーン技術を活用する計画だ。

ソリューション開発では、IBMが提供する「IBMガレージ」環境を用いて実証実験的な開発を進めているところ。これまで課題になっていた、「充分な監査証跡が残らずその後の照合や追跡ができない」「売上予測が十分にできない」「コミッションの取扱いがビジネスに大きな影響を与える」といった問題の解決につなげる考えだ。

トラベルポートのシニア・プロダクトディレクターであるロス・ビノグラッド氏は「コミッション照合での不測の事態は、例えばホテル到着後の変更やノーショー(予約をしておきながら、当日キャンセルの連絡をおこなわない)、無料サービス分の泊数などによって起こり、これらは後の追跡作業やコスト増、売上のロスなどにもつながる」と指摘。ブロックチェーンを活用した技術を導入することで、透明性と信頼性を高め、最終的には予約自体の増加につなげたいとコメントしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。