ANA、空港で困っている人を「LINE」でサポート、専用端末でボランティアを呼び出し

全日空(ANA)はこのほど、LINEを使って空港で困っている人をサポートする取り組みをおこなう。一般社団法人PLAYERS(プレイヤーズ)が展開するプロジェクト「&HAND(アンハンド)」と連携するもの。2019年9月5日と6日、羽田空港第2旅客ターミナル1階の到着ロビーで実証実験をおこなう。

「&HAND」は、困っている人とそれを助けたい人をLINEでマッチングして互助行動を後押しするサービス。

今回の取り組みでは、例えば「電車・バスの乗り換えがわからない」、「荷物を運ぶのを手伝ってほしい」といった困りごとが起きた際に、空港設置の「&HAND」端末でを操作すると、「&HAND」サポーター登録をおこなったANAグループ社員ボランティアが助けてくれる流れ。

端末のボタンには発信機が内蔵されており、LINEを通じてボランティアにサポートを迅速に求めることができるのが特徴だ。

ANA:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。