G20観光大臣会合で22のエクスカーションを発表、地元ではしご酒や地域交流で現地体験など

観光庁は10月25日と26日に開催されるG20観光大臣会合で、無料・有料のエクスカーションを計22コース設定した。

これまでのG20 関係閣僚会合でもエクスカーションを行なっているが、20以上のコース設定をするのは観光大臣会合ならではのもの。G20初の観光大臣会合の開催国としてふさわしいプログラムとし、代表団が北海道の魅力を体感して記憶に深く残るG20観光大臣会合とするとしている。

例えば、代表団が到着する25日には、開催地周辺の後志管内を巡る午前と午後の計4コースを用意。会合当日の26日には、「倶知安ナイト」として、地元の居酒屋やバーでのはしご酒など、食文化と地域住民との交流を楽しむ現地体験を提供する。27日の帰国日には、空港までの移動機会を活用した無料ツアーを、宿泊込みと日帰りの計4コースで設定する。

また、地元の旅行会社から提案されたコースのうち、観光庁が選定した日帰りと宿泊の計10コースを有料ツアーで提供。これらの10コースのうち、代表団に選ばれたツアーは今後、「G20観光大臣会合 観光庁オフィシャルエクスカーション」として認定する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。