東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験、デマンド型シャトルやシェアサイクルも連携、ナビタイムなど6者共同で

ナビタイムジャパン、ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi、東京臨海高速鉄道、東京臨海副都心まちづくり協議会、KDDIの6者は、東京都の「MaaS 社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」において、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS の実証実験を実施する。

実証実験では、東京臨海副都心エリアでの交通渋滞の解消や交通不便地域の快適な移動と、観光客の観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上に取り組む。

また、以下の機能を搭載した多言語対応の専用 MaaS アプリを提供する。

1、マルチモーダル経路探索エンジンによる、鉄道などの公共交通機関とデマンド型シャトルやシェアサイクルを組み合わせたシームレスで最適な経路提案

2 、デマンド型シャトル(無料)の提供(運行事業者は日本交通)

3 、鉄道、シェアサイクルのキャッシュレス決済

4、おすすめの観光スポットなどの記事や観光施設情報、クーポンの提供によるエリアの新たな魅力の発信

このほか、MaaS の商用化に向け、アプリの経路検索条件データやGPS データなどの移動ビックデータ分析も行う。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。