ツーリズムEXPO2019、今年の総来場者数は15万人、一般日は2日間で10万人超えに

日本観光振興協会、日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)主催で2019年10月24日から27日まで開催された「ツーリズムEXPOジャパン2019 大阪・関西」が盛況のうちに閉幕した。今年の総来場者数は、4日間で推計約15万人。想定の13万人を大きく上回る結果となった。出展企業・団体は、国内47都道府県、世界100カ国・地域となり、過去最高の1475件となった。

今年は初めての大阪での開催。業界日におこなわれた商談会では、「海外」「国内・訪日」「旅行関連・メディア」のカテゴリーで、前年比13%増の8392件の商談を実施。JNTO主催のVISIT JAPANトラベル&MICEマート2019、日経新聞社との共催「インバウンド・観光ビジネス総合展」、新設エリア「IRゲーミングEXPO」を同時開催した。

一方、一般日には大阪・関西らしさを前面に出したブースや様々な文化を感じることができる展示やグルメなどを披露。VRやARなどを活用した旅行疑似体験といったコンテンツも来場者に好評だった。

業界日と一般日の日毎内訳は以下のとおり。

報道資料より

なお、来年のツーリズムEXPOジャパン2020は、沖縄にて2020年10月29日から11月1日までの4日間開催する予定。また、9月10日から12日までは東京ビッグサイトで東京商談会も開催する予定だ。

「ツーリズムEXPOジャパン2020」特設サイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。