宿泊施設の技術投資の意欲は2極化傾向、チェーンホテルは増加、独立系ホテルは改装を優先 -エクスペディア調査

エクスペディアグループは、宿泊施設の技術投資支出の優先度合いについて、宿泊施設の担当者を対象に実施した調査結果を発表した。

これによると、チェーンホテルは中小規模の独立系ホテルと比べ、技術投資を優先する意向が約2倍高かった。中小規模の独立系ホテルが投資で優先させるのは客室の改装で、チェーンホテルより1.5倍高かった。宿泊業界では競争優位性を確保するために戦略的餡技術投資の重要性が認識されており、ホスピタリティ・テクノロジー社の最新レポートでは、54%のホテルが2019年の技術関連予算を増やす見込みだという。

技術導入の大きな障壁となるのがコストだが、中小規模の独立系ホテルの半数近くは技術投資について、費用と導入価値の両面を基準に決定すると回答。これに対し、チェーンホテルの半数は、既存システムとのシームレスな統合実現を可能とする技術の導入を優先していることが判明した。

このほか、中小の独立系ホテルは4軒に1軒が、技術採用の際の最大の障壁に「複雑さ」を提示。3軒に1軒がソリューションの評価基準に「使いやすさ」が優先事項と回答した。

この結果を受けエクスペディアでは、「多額の技術投資をするチェーンホテルと投資余力のない宿泊施設との格差がさらに広がる可能性がある」と指摘。ただし、「テクノロジーにはあらゆる規模の宿泊施設に公平な競争環境を提供する力がある」とし、中小規模の宿泊施設が成功する機会を見出せる手伝いができるよう、技術投資を続ける方針だ。

なお、エクスペディアでは宿泊施設向けの管理ツール「Partner Central」で、新機能をリリース。モバイルアプリの改良や、新ホームページ、複数施設に対応したダッシュボード機能などの提供を開始した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。