国内旅行6社がハワイ島で共同バス、週3日でコナ/ヒロ間を運行、JTBや近ツーなどのツアーで

日本旅行業協会(JATA)は、2020年4月1日からハワイ島コナ/ヒロ間で共同バスの運行を開始する。これは、同会アウトバウンド促進協議会・北中南米部会のハワイ・サブ部会における部会活動の一環として、登録団体の旅行会社とハワイ州観光局との協力しで実施するもの。ハワイ島では旅行者の地上移動に課題があることから、共同バスを運行することでハワイ島への渡航者数増加とハワイ島の商品力の向上を目指す。

共同バスの名称は「コナ ヒロ ゆうらんバス」。運行日は水・木・土。JTB、近畿日本ツーリスト首都圏、ジャルパック、日本旅行、ANA セールス、東武トップツアーズの6社が参画し、太公望ハワイが運行する。参画旅行会社はパッケージツアー(募集型企画旅行)での日程組込み、オプショナルツアーなどでの告知・販売を実施する。

コースはコナを起点に、ヒロ側のレインボー滝、カメハメハ像、ヒロの街、スイサン、カフェ 100、イミロア天文学センター、ヒロ大神宮、ビッグアイランドキャンディーズを巡る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。